最新記事一覧

タンパク質を構成する物質

服用

バランス良く摂取する

人間の体を構成する成分のうち20%をタンパク質が占めます。そのタンパク質は20種類のアミノ酸から出来ており、必須アミノ酸9種類と非必須アミノ酸11種類から成り立っています。必須アミノ酸は体内で作り出すことができないため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。必須アミノ酸のなかでもバリン、ロイシン、イソロイシンの3つはBCAAと呼ばれており、運動時のエネルギー源として重要な栄養素です。タンパク質を作り出し、筋肉強化や疲労回復の作用があり、鶏肉やチーズなどの乳製品に多く含まれています。スレオニンは新陳代謝を活性化させる作用があり、脂肪肝の予防や体の成長を促進する効果があります。また、肌の保湿や髪の潤いを保つ効果があり、美容面においても大切な役割を持つ栄養素です。スレオニンは肉類や卵、ゼラチンなどの食品に多く含まれています。トリプトファンは神経伝達物質のセロトニンやメラトニンを生成する働きがあります。セロトニンは精神を安定させる作用があることから、しあわせホルモンとも呼ばれています。睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは、体内時計を整える働きがあり、睡眠を促す作用があります。トリプトファンは大豆製品や乳製品、ごまなどに含まれています。トリプトファンが不足すると、精神のバランスが乱れたり、不眠症になったりする可能性があります。メチオニンは免疫力を高める作用があり、アンチエイジングや肝機能の働きをサポートする効果があります。また、花粉症などのアレルギーの原因物質となるヒスタミンを抑制するので、症状の緩和が期待できます。アミノ酸を効果的に摂取するためには、特定のアミノ酸だけを摂取するのではなく、色々な食品をバランスよく摂取することが大切です。